子供を算数好きに!【くもん 玉そろばん】使い方と効果とは?

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

お悩みママ

子どもに算数好きになってほしい…

子供が3歳位になった頃、数字に興味を持つようになってきました。

通信教育でも数のトピックが出てくるようになったこともきっかけのひとつで、

時計を読みたがったりフルーツを並べて数えたりしていたんです。

せっかくなので数字感覚を掴めてたくさん遊べるおもちゃがあったらいいなと探し、

購入したのがくもんの玉そろばんです。


最初は見た目が派手なおもちゃではないので興味を持ってくれるか心配しましたが、見た瞬間から「これなぁに!?」と飛びついてくれました。

購入してから半年以上経ちましたがまだまだ飽きずに遊んでいますよ。

目次

くもんの玉そろばんとは?

【くもんの玉そろばん120の商品詳細】
●120の数唱で数の世界を広げます。120までの数を、玉をはじきながら声に出して数える「玉そろばん」です。
●くもんの「120までの数かぞえ」ができて、数の並びの規則性が理解でき、100を超える大きな数の感覚も身についていきます。
●付属の厚紙製の「数シート(背板)」を差し替えることで、「助数詞」「数えていくつ」などの学習もできます。

【セット詳細】
本体1台、数シート2枚、仕切り板1枚、ガイドブック1部
【規格概要】
・パッケージサイズ:縦13.2*横31.1*高さ27.7cm
・重量(パッケージ込み):1300g
・対象月齢:3歳以上
・材質:本体枠:シナ合板・イジュ、玉:ABS、金属棒:ステンレス、仕切り板:PP、数シート:紙、ガイドブック:紙

【発売元、製造元、輸入元又は販売元】
くもん出版

くもんの玉そろばんの使い方

玉そろばん

使い方は次のようになっています。

  • 玉はじき
  • 数唱 数を1つずつ数えます
  • 助数詞 1こ、1ひき、1まいと変わる数え方
  • 数えていくつ お花がなんこあるかな?
  • 合わせて10になる数 
  • 2人で数唱 どっちが早く数え終わるかな?

親子やきょうだいで競争することもできます。

くもん玉そろばんの効果

玉そろばんの箱
  • 数の並びや規則性に気づく
  • ことばを覚える 多い・少ない 長い・短い 重い・軽いなど
  • 足し算や引き算への橋渡し
  • 指先の運動機能が高まる 小さい玉を動かすので指先から脳を活性化

くもん玉そろばんのメリット

玉そろばん2

くもんの玉そろばんのメリットを紹介します。

10よりもはるかに大きな数字まで数えられる

くもんの玉そろばんはなんと120まで数えられるように出来ています

うちの子はまだ3歳なので10以上を数えられるものから探したところ、100までの商品は多く見かけました。

立体的な商品でそれを超えてくるのはかなり珍しいようで、私はくもんの玉そろばん以外見つけられませんでした。

おもちゃの特性からして小学校の低学年位までは使って欲しいなと思っているので、

大きい数まで網羅しているのは有り難いです。

くもんの商品である安心感

やはりせっかく購入する商品なので、子供にとって効果のあるものを選びたいという気持ちがありました。

特に数の概念は学校に入ってからも大切なので他のおもちゃよりもその気持ちが強かったように思います。

その点、なんといってもくもんは算数教育に定評があります。

サイトも充実していて、

どの様な点にこだわって商品が作られているのかよく分かりました。

また口コミ評価も高いですし、全体的に安心感がありました。

赤ちゃんも触りたがるおもちゃ

実はこの玉そろばん、我が家では0歳の赤ちゃんも気に入っています

形状も立体的ですし、玉の部分がスライドして動かせるのが

お座りできる様になった赤ちゃんにとってかなり楽しいらしく長い時間いつも遊んでいるんです。

普通のおもちゃでこの大きさの球状のものは誤飲が怖くて触らせるのが嫌なのですが、

これは棒にくっついていて口に入れられないので大丈夫です。

上の子が下の子に一生懸命に数字を教えようとしている姿も可愛らしくて癒されますよ!

玉そろばんのデメリット

デメリットに感じている部分も正直に紹介します。

そこそこ大きさはあるので場所を取る

形状的に仕方ないのですが、遊ぶ際にも片付ける際にも場所は必要です。

我が家ではしまう際は向きを変えて少しでも他のおもちゃが入る様に工夫しています。

カエル バランス数学ゲームと比較

色や見た目がかわいらしかったので、こちらの商品も候補の一つでした。

指先を使いながら、バランスをとるようにして数字を体感するのでゲーム感覚で数の概念に親しんでくれるのは、遊びながら勉強できるかなと思いました。

ただ遊び方にパターンが多くなさそうだったので飽きも早そうだなぁと同時に感じました。

あと、大きな数まで数えられる方がいいなと思ったんです。

結局長く使ってくれそうな玉そろばんを選びましたが、問題なく興味を持ってくれたので安心しています。

遊びながら算数に親しむ

小さい頃から数に親しむことで、将来的に算数好きな子に育ってくれたらいいなと思っています。

玉そろばんで遊ぶことで、3歳でも100まで数えられるようになりましたよ。

数字も足したり引いたりして遊んでいますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ママに希望を 
をモットーに、子育ての時間を楽しく過ごすための情報をお届けします!

コメント

コメントする

目次