ブルーノマルチスティックブレンダーは離乳食に必要?口コミ実際に使ったレビューまとめ

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

お悩みママ

離乳食って作るの大変よね…?

離乳食がはじまるけど、何を準備したらいい?

裏ごしとかペーストとか大変なんですけど?

▽この記事はこんな悩みをお持ちのママにおすすめです。

  • 離乳食は手作りしたい
  • でも裏ごしとかペーストとか正直めんどくさい
  • ブレンダーってどれを選べばいいのかわからない
  • ミキサーやフードプロセッサーとどっちがいいの?
  • ブルーノマルチブレンダーを実際に使った感想は?
  • biancaハンドブレンダーとどっちがいい?

赤ちゃんが生後5.6か月になると始まる離乳食。

母乳やミルクだけでは栄養が足りなくなり、大人と同じような栄養を摂れるようになるため、離乳食は練習として必要になります。

赤ちゃんの成長は嬉しいものですが、「離乳食作り=作るのが大変」とちょっとネガティブな気持ちにもなっちゃいますよね…

そこでマジで大活躍、絶対にもっておいてほしいアイテムが、

「BRUNO マルチスティックブレンダー」です。

この商品に出会えた私は、ストレスなく離乳食作りに励むことができ、むしろ「楽しい」とまで思わせてくれました。

離乳食初期はなめらかにすりつぶしたものを与えるところから始まり、徐々に固形のものへと慣らしていきます。

この「なめらかにすりつぶす」という面倒な作業が、「BRUNO マルチスティックブレンダー」を使用することで、一瞬で終わってしまうのです。

もう離乳食始める前に絶対に持っておいた方がいい!ですよ


▽この記事の結論

  • 離乳食初期の少量をペーストにするならブレンダーが便利
  • ブレンダーはミキサー・フードプロセッサーを兼ねる
  • ブルーノのブレンダーが軽くて使いやすい
目次

BRUNO マルチスティックブレンダーの商品説明

項目サイズ
本体+ブレンダー約 幅6.3×高さ36.5×奥行き6.8(cm) 約 570g
本体+ホイッパー約 直径4.7×高さ38.5(cm)約 770g
本体+チョッパー約 直径6.8×高さ36(cm) 約 540g
コード長約 1.5m
項目素材
本体ポリプロピレン
ブレンダースティックポリプロピレン / ステンレス鋼
ホイッパーABS 樹脂 / ステンレス鋼
チョッパーABS 樹脂 / ステンレス鋼(チタニウムコーティング)
ブレンダーカップAS 樹脂
項目電源
電源AC100V(50/60Hz)
項目消費電力
消費電力200W
項目連続使用時間
連続使用時間約 3分
項目付属品
付属品ホイッパー、チョッパーボトル、ボトル用フタ、チョッパーボトル専用カッター、ブレンダーカップ(500ml)、お手入れブラシ、専用レシピリーフ
項目保証期間
保証期間1年間

BRUNO マルチスティックブレンダーを使ってます!

BRUNO マルチスティックブレンダーがわが家の離乳食作りを支えてくれています。

離乳食作りが楽しい!
と思える
なくてはならない必需品です

1台5役!離乳食が一気に作れる

このブレンダーは1台で5役をこなす超ハイテクなフレンダー。

「混ぜる・つぶす・刻む・砕く・泡立てる」がこれ1台で調理することができるので、ミキサー・フードプロセッサーを持たなくてもいいんです。

ブレンダーなしで必要な作業

  • おろし金を使ってすりおろす
  • すりばちとすりこ木でつぶす
  • やわらかくゆでてマッシャーでつぶす

ブレンダーは食品を細かくなめらかにする作業をスイッチ一つで完了します。

氷も砕けるほどのパワフルさで、離乳食作りをサポートしてくれるだけでなく、普段の料理にも大活躍!

しっかりとつぶして、口当たりなめらかに仕上げることができるので、赤ちゃんもパクパクと食べ進めてくれますよ。

BRUNO マルチスティックブレンダーの良い口コミ・気になる口コミ

>>Amazonで口コミをもっと見る(582個の評価)

BRUNOマルチスティックブレンダーのメリット

実際に離乳食作りに使ってみて感じたメリットを紹介します。

量の少ない初期から使える

離乳食初期は食べる量も少ないので、

ミキサーやフードプロセッサーだとうまく刻めないことがあります。

ブレンダーだと少量でもペーストにできて、一度に数種類の食材で離乳食のストックを作ることができます。

▽保存容器はコレが便利!

ミキサー・フードプロセッサーが要らない

このブレンダー、ミキサー・フードプロセッサーにもなります。

容量の大きなミキサーを持っていたのですが、これで十分だなと思って断捨離しました。

スムージーにしたり、ハンバーグの肉だねを作ったり、普段の料理にも活躍しています。

泡立て器もついているので、生クリームの泡立てもこれでいけちゃいます。

軽量で使い勝手も簡単

この商品は約570gと軽量なので、女性も疲れ知らず!

離乳食作りは作り置きを作るとなると1~2時間かかっちゃいます。

想いブレンダーを長時間使い続けるのは疲れますよね。

しかし、本体は570gとかなり軽量に作られているため、腕が疲れたり、持ち運びにくいといったこともありません

また、スリムでコンパクトなデザインとなっているので、手の小さな女性の手にもフィットします。

毎日手軽に使えるというのはかなりの魅力ポイントですね。

カラーが豊富でおしゃれ

毎日使うのであれば、どうせなら可愛らしい自分好みのカラーが良いですよね。

この商品はカラー展開も豊富で、アイボリー・グリーン・ピンクといった定番カラーに加えて、店舗限定カラーやホリデー限定カラーなどと、人気のカラーが勢ぞろい。

お部屋の雰囲気や自分の気分に合わせて選ぶことができるのも嬉しいですね。

デメリット

実際に使ってみて特にデメリットは感じていません。

あるとすれば…

食器洗い機や食器乾燥機は使用不可

食器洗い機や食器乾燥機を使用している家庭では、使用することができないのが唯一のデメリットです。

食器洗いは面倒なので、全て食洗器にぶち込みたい気持ちは分かります。

しかし、万が一食器洗い機や食器乾燥機を使用してしまうとブレンダーが壊れてしまうため、注意してください。

bianca ハンドブレンダーとどっちがいい?

ブレンダーを購入する際、「biancaハンドブレンダー」とも迷いました。

こちらの商品は、2023年ミキサー・フードプロセッサーデイリーランキング1位、ハンドブレンダーデイリーランキング1位と楽天ランキングで2冠を達成しています。


また。BRUNOと同様1台5役の機能があり、キッチンに出しっぱなしにしてもインテリアのように馴染むデザインも惚れ惚れしてしまいます。

しかし、「bianca ハンドブレンダー」は820gであるのに対し、「BRUNO マルチスティックブレンダー」は570gとかなりの軽量です。

離乳食はまとめて作ることになるので、

週に1度でも長時間使うことになります。

ここはやはり軽量を取りました。

「BRUNO マルチスティックブレンダー」を実際に店舗で持った際に、持ちやすさ&軽さに感動したことが決め手となりました。

もちろん「bianca ハンドブレンダー」も軽量化された商品ではあります。

お値段もBRUNOよりお手頃です。

毎日短時間しか使わないので、重さは気にならないという人には、「bianca ハンドブレンダー」でもいいと思いますよ。


BRUNOマルチスティックブレンダーで離乳食作りを楽しく!

ブレンダーがあるだけで、離乳食作りは楽しく、快適になります。

離乳食を手作りしたい人はもちろん、手作りはちょっと面倒だな…

と感じている人は、ぜひブレンダーを手に入れてください。

もちろん、手作りするのは大変…というときもありますよね。

そんなときには、離乳食の宅配サービスがあるので、ぜひ使ってみてください。

私は、魚が苦手で…

触るのもイヤなんです。

でも子供には食べさせなきゃ、と思って、こちらを使っていますよ。

栄養満点で安全な離乳食・幼児食【ファーストスプーン】

ファーストスプーンのレビュー記事はこちら。

離乳食初期に必要なものをまとめています。

プレママ&ママ限定!

3月31日まで

プレママ&ママ応援!無料プレゼントに加えて、抽選で電動自転車や人気調理家電も当たる、

Fammプレママ&ママ応援プレゼントキャンペーン

3万人以上のプレママ&ママが応募! プレママ&ママなら誰でも無料でプレゼントが貰える、

応募するだけでAmazonギフト券200円分&クーポン7000円相当がもらえる
キャンペーンをやってるので、応募してね!

色んなサンプルやかわいいスタイももらえます!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ママに希望を 
をモットーに、子育ての時間を楽しく過ごすための情報をお届けします!

コメント

コメントする

目次