【電動モップ使ってみた】コードレス回転モップで拭き掃除が簡単にできる!

電動モップ

広告 このコンテンツには広告を含む場合があります。

こんにちは。7か月の娘がいる、リサです。

子どもの離乳食を始めた頃、ポロポロと口の端から、皿の端からこぼれ落ちるおかゆ、にんじん、トマト…

床に食べこぼしの汚れが付いて掃除が大変。

新聞紙を床に敷いて対策はしていましたが、それでも防げずに床が汚れてしまうことがよくありました。

ずりばいやハイハイをする時期でもあるので、余計に床は清潔にしておきたいのですが、

クイックルワイパーでは中々食べこぼしの汚れは落ちません。

そんな時に、アメトークの家電芸人で紹介されていたのが回転モップクリーナーです。

これは食べこぼしの床掃除にピッタリ!と思い購入しました。

私が購入したのはこちら。

CCP回転モップクリーナー

>>コードレス回転モップクリーナー

\ テレビで紹介されました/

項目内容
サイズ幅29×奥行10.5×高さ104cm
電源リチウムイオン電池 7.4V
充電【入力】AC100V(50/60Hz)、【出力】DC7.5V/500mA
保証1年
付属品ACアダプター、充電式バッテリー、モップパッド(4枚)、取扱説明書(保証書含む)
充電時間約3.5
連続運転時間約60分(モップパッド乾燥時)
本体重量(kg)1
目次

回転モップクリーナーの良い点

電動回転モップのメリットを紹介します。

  • 床の汚れがラクラク落ちる
  • 洗剤不要!水だけで除菌まで
  • 軽量&自走で気軽に掃除できる
  • ハンディタイプに変更可能で家のいろんなところがピカピカ

床の汚れがラクラク落ちる

回転モップクリーナーは、スイッチを押すと自動でモップ部分が1分間に130回転します。

クイックルワイパーでは食べこぼしの汚れを落とすのに、強い力でゴシゴシ拭く必要があり大変でした。

でも回転モップクリーナーだと、力を入れることなくキレイに汚れが落ちるので感激

ラクに拭き掃除ができます。

立ったまま拭き掃除ができるので、妊婦さんにもオススメです。

洗剤不要!水だけで除菌までできる

特殊な繊維を使用しているので、モップを水に濡らして拭くだけで汚れが落ちます

皮脂、油、花粉や雑菌まで99.9%除去してくれます。

洗剤を使用しないので、赤ちゃんがいる家庭でも安心して床掃除できますよ。

また、モップは洗って繰り返し使うことが出来るので経済的。

クイックルワイパーだと、部屋中床掃除するのにシートを3〜4枚は使っていましたが、回転モップクリーナーなら途中で水に濡らせばOKです。

軽量&自走でお掃除らくらく

回転モップクリーナーの重さは約1kgと軽量なので、持ち運びもらくらく

また、モップ部分が回転しながら前進するので、力を加えることなく操作できます。

今まで億劫だった床掃除が、らくにできるようになり快適です。

ハンディタイプに変更可能で家のいろんなところがピカピカ

棒を短くして、ハンディタイプにすることもできます。

ハンディタイプにすることで、床だけでなく窓や網戸掃除、バスルームの掃除にも使えますよ。

1本で家中の掃除に活躍するので、とてもコスパがいいです

電動モップのデメリット

実際に使ってみると、ここはちょっと…な部分もあります。

  • モップの水加減には慣れが必要
  • 持ち手の付け替えが固い
  • 狭い場所には向かない

モップの水加減には慣れが必要

固く絞りすぎると、モップの滑りが悪く掃除がしにくいです。

逆に絞りが足りないと、床がベショベショになってしまいます。

慣れてくると、ベストな水加減が分かってきましたが、はじめのうちはちょっと難しいかもしれませんね。

ハンディタイプにするには棒を取り外して、持ち手を付け替える作業が必要

また、クイックルワイパーのように棒を伸縮することはできません。

ハンディタイプにする際は、棒を取り外して、持ち手を付け替える作業が必要です。

取り外す部分も硬めなので、ちょっと面倒に感じてしまうこともありますが、

網戸の掃除、風呂の天井の掃除はそう頻繁にしないので(数か月に1回…いや、半年とか…)

毎日ハンディに付け替えるのでなければ気になりませんよ

狭い場所には向かない

幅29×奥行10.5となっていて、幅があるので、家具のすき間の掃除には向きません。

床などの広い面の掃除には便利ですので、狭い部分をふくときには、フローリングシートで拭いています。

モップの交換が必要

モップ面は洗い替えできますが、だんだんと汚れが落ちなくなってくるので、交換が必要です。

あらかじめ4枚分ついていますが、4か月ほどで汚れが気になってきたので、追加で購入しました。

追加購入が手間だなと思う人には、

電動モップのサブスクが便利です。電動モップが無料になる、

ガレイドのサブスクも検討してみてください。

床拭きロボット ブラーバとの比較

水拭きできるお掃除ロボットも検討しました。

ですが、すでにルンバを持ってたのでお掃除ロボットのデメリットも感じていたんですよね…

お掃除ロボットだと、事前に床に置いている物をどかす必要があります。

また、お掃除ロボットは部屋全体を掃除をするので、

食べこぼしなどをピンポイントに掃除するのには向いていません

水拭き掃除は、お掃除ロボットではなく、手動で掃除するのがベストだと感じたので回転モップクリーナーを購入しました。

実際に、食べこぼしや床の汚れが気になる部分だけを水拭きできるので、使い勝手がよく気に入っていますよ。

電動モップ:CCP コードレス回転モップクリーナーの口コミ

https://twitter.com/marimonoiimono/status/1699765285983830273?s=20

小さい子が使っていますが、本当に軽い力で動かせるのでお子さんでもお手伝いしてくれますね。

まとめ:電動モップは子育て家庭の拭き掃除をラクにする!

子供の食べこぼしや床のべたべたにお悩みなら電動モップがおすすめですよ!

メリットはこちら

  • 床の汚れがラクラク落ちる
  • 洗剤不要!水だけで除菌まで
  • 軽量&自走で気軽に掃除できる
  • ハンディタイプに変更可能で家のいろんなところがピカピカ

デメリットはこちらです。

  • モップの水加減には慣れが必要
  • 持ち手の付け替えが固い
  • 狭い場所には向かない
  • モップの交換が必要
おすすめの電動モップサブスク

>>

電動モップ本体無料

どうしても電動モップはモップ部分は追加購入が必要です。

サブスクなら60日からモップを交換できるので、追加購入の手間がかかりませんよ。

1日15円から

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ママに希望を 
をモットーに、子育ての時間を楽しく過ごすための情報をお届けします!

コメント

コメントする

目次